My Own Way

  当方の自己主張とボヤキを好き勝手に書かせていただきます!

 


 ネイト氏からまたまた様々なギフトが届きました!

今回はZOOM BOXの試作品が入っていて、早々にサウンドチェックを致しました。

このエフェクトは当方の作品ではないので“芸風”が異なりますので、気に成る方は是非ネットでサウンドチェック願います。

 

 大好きなお菓子TAKE5&ベジタブルスティックは嬉しいですね。

何によりヴィンテージFORD社のスパナには驚きました。

物創りはモノを大切にする心が必要ですね。

 

 それと新しい名刺!!!

遂にGuyatoneと名刺に記載出来るように成りました。

3年間地道な活動を支えてくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

                                 30/JUL/2017


 毎月何か書く予定で頑張って居りましたが、気づけば既に三ヶ月も過ぎていました。

この間、ネット環境の整備とU.S.のサポートに追われる日々でした。

理由に関係なく、閲覧して頂いた皆様大変申し訳御座いませんでした。

 

 U.S.のネイト氏からメッセージと写真が届いて居ります。

1月に掲載したウクレレ修理完了との嬉しいメールです。

接着剤で貼っただけではなく、ダボ処理も施しサウンドも修理前以上のクウォリティーに

仕上がったとのことです。 素晴らしい!

 

                                            別件ですがきりばやしひろき氏とQactus開発しました!

                                           是非、ウェブをチェックしてみてください。

                                                                                                                   http://qactus.jp/jp/

 

                                                                                    1/JUL/17


 ネイト氏からエンドースメントアーティストのCDやオリジナルアピール商品が届きました。

 

 今回の荷物には完全復刻オリジナルロゴが入っていました。

その完成度には驚きしか有りません。

彼のGuyatoneに対する情熱がひしひしと伝わってくる拘りの一品。

 

 贋作防止のため、現在ヴィンテージGuyatoneをお持ちの方のみの販売に

限らせて頂きます。

何卒、ご理解ご協力頂きたく思います。

 

 

                                       31/MAR/2017 


 依頼を受けて製作している7弦ギター用カスタムネック!

CNCと手加工で作り上げています。オリジナルギターを作りたいと言うお客さんの

夢を叶えるため、コスト度外視で製作しているモノです。

 

 木材の木取りや組み合わせ、トラスロッドの微妙な仕込みなど様々なノウハウが

注ぎ込まれています。

当然コストは合いません!

しかし、熱意に応えたいと言うネイト氏の心意気とこのネックから得られる貴重な

作業データーは我々の真の財産として日々蓄積されているのです。

 

 

 

                                     26/FEB/2017


 NAMM2017視察後Oswegoに在る、GuyatoneUS本社で新製品打ち合わせをたっぷり行って来ました。

 

 厳しいご批判を覚悟して書かせて頂くなら、NAMMで有名ミュージシャン

とのツーショットを集め自己権威付け(虚栄心を満たすだけ)する日本人の多さにうんざりです!

 

 更に目を疑う中古高額ギターを崇拝する業界人にもヘキヘキ!

左の写真はDeMontに持ち込まれた壊れたウクレレ、日本なら即捨てられてしまうモノです。しかし、ネイト氏は何とか直してあげたいと真剣そのもの!

 お店に並ぶギターは$100から$300程度の品です。

日本人の大半は“ガラクタ”楽器屋扱いすると思います。

でも、ネイト氏は“子供たちがお小遣い貯めて買いに来てくれるから、ガッカリさせたくない!”とのポリシーでジャンクギターを自ら修理し復活させ、激安で譲ることに誇りを持っています。

私は本当に頭が下がる思いで会社を後にしました。

 

                                    31/JAN/2017


 先月届いたネイト氏からのお礼の品々にスニーカーが!!!

スニーカーコレクターの友人へと黄金時代のブルズで活躍したスコットウィリアムズのシューズが!!!

ネイト氏が我が家に滞在中に2回ほどマッサージに来てくれたお礼だそうです。

 

 何だかとても彼らしい…。

 

P.S. NAMM2017には参加予定!                                     19/NOV/2016


 先日、ネイト氏から沢山のプレゼントを頂きました!

ネット通販で世界中のモノが簡単に入手できる時代ですが、まだまだ知らないモノが沢山ありますね。

 

 やはりCDと食べ物に目が行きますが、シカゴの有名楽器店のグッツには感激!

 

                                                      23/OCT/2016

                                                 


 いつの間にか! “秋”です!!!

ホームトップに記載しました通り、Guyatoneブランドが我々のモノにやっと成りました。

無責任な旧東京サウンド経営陣に振り回されること約4年。(未払い成功報酬金は?)

 

 専門学校や音楽大学講師しながら英語で裁判文を解析(?)する日々も終わりました。

そんな状況でも変わらず当方を応援してくださったギタリストの皆さんにこれから精一杯の恩返しを

させて頂きます。

                                                                             10/SEP/2016


 いつの間にか“夏”です!

仕事をさぼっていた訳ではありませんが、HP更新が無くて失礼致しました。

 U.S.で、やっと“Guyatone"商標示談が成立し今後はGuyatoneブランド製品がリリース出来るように

成りました。(個人的にはGuyatoneに執着ないです、出来の悪いコピー製品も多かったし…)

 日本国内では旧東○サウ○ドの経営陣が雲隠れ(?)していて連絡つきません。

英語で書かれた意見書や裁判文の理解は本当に大変でした。              30/JUL/2016

 

 


 何となく集め始めた“新サンダーバード”シリーズ。

TV番組は時々、見逃してしまっています。 少々、ストーリーの展開が早過ぎると感じています。

 

 やっと、日常生活がいつものパターンに落ち着いて新作製作に時間が割けるようになりました。

G.W.は殆ど外出せずに5台のPC内のCADソフト調整で終わりそうです。

                                                                                                                              03/MAY/2016

                                                                      0


 ネイトさんと奥様のステファニーさんの来日準備や接待で超バタバタの日々でした。

我が家を拠点に東京、松本、可児などを訪問されました。

お出迎え頂いた皆さんにとても温かく迎えて頂き、お二人とも本当に喜んで居りました。

ギター工場、FM出演と言う貴重な機会を作って頂いたミュージシャン“きりばやしひろき”さんに

心よりお礼申し上げます。

                                                      03/APRIL/2016

  


  GuyatoneU.S. & DeMont Guitars の代表でもあるデモント氏がご夫妻で3月下旬に来日されます!

Oswegoでの結婚式の際に“新婚旅行は是非日本へ!”と言ったのが…。

お金が無いので試作品を沢山製作してお土産代りにする予定。

 

 3月25日(金)の16時から放送されるFMrara(可児)に出演予定です。是非、肉声を生で!

それと… 写真左後方の黒い点は当方です!!!                    06/MARCH/2016 

 


 オークションで落札した70年代のS5!(当時の取り扱い説明書まで付いていました)

勿論、ネイト氏からの依頼です… 。

 

 P.U.セレクターがとても不思議な組み合わせで暫く考え込んでしまいました。

アイデアは認めますが本当に一部のプレーヤーからしか支持されない機能だと

当方は思います。この辺りの”詰めの甘さ”が数年後に響きますね。

サウンドは個性的でヘビーなロック以外なら使える印象を受けました。                  20/FEBRUARY/2016


 開発、設計に絶対必要な道具としてCADソフトが挙げられます。

技術の進歩とは裏腹で最新ソフトが設計道具として最適かと尋ねられれば“NO”と云わざるを得ません!

モノ創りの経験が無いプログラマーが作ったCADソフトでは自由な発想が妨げられます。

勿論、この状況はパソコンのO.S.にも当て嵌まると思います。(親切余計なお世話!!!)

 

 そんな環境下でも商品のポイントをしっかり把握して新作開発中です。           5/JANUARY/2016


 2015年はDeMont Guitarsが会社として創業と言う新しい局面の年と成りました。

日本国内での製品販売は当面御座いませんが、現地の動きは今後もお伝えする予定です。

 

 NAMM 2016で我々のギターが某ブースに展示される計画も進んでいます。

コピーやチョット形を変形したギターや商品だらけの”ギョー界”に一石を投じられたら嬉しいですね。

私自身は、既に新しいギターの開発に着手しています。時間が取れる年末年始は今年ものんびりした時間はゼロ!

しかし、シカゴ本社のスタッフと愉しい人生を共有でき幸せです。

                                                             24/DECEMBER/2015 

 


 A.B.C-Zさんの公演に貸し出されていたギターが約1ヵ月振りに返却されました。

正直、貸し出した際は返ってこないか、キズだらけで売りモノに成らないと覚悟していました。


 しかし! 実際に返却されたギターにはキズらしいキズが有りません! (衣装と擦れた跡程度)

ステージで使用され、ご本人が自宅で練習されたと言うお話もうかがいましたが…。

機材をきちんと管理される気持ちが本当に嬉しかったです、当方ファンに成りました!     20/NOVEMBER/2015



 私が創めたHAO! 懐かしい製品がメンテナンスの為、届きました! 改めて試奏すると結構良いです。(謝)

多くのギタリストがコピー&パーツ変えした程度の新製品を“最高!”なんてブログに書きまくりますが…???

 

 約10年使われ、様々なエフェクトを試され、その上でこの2個は演奏に絶対必要との事で依頼を受諾致しました。

ギタリストTAKUYAさん、本当にありがとうございます。 => http://tak69.com/index.html

新製品でこれらを超えられる様に頑張ります!

                                                                  1/NOVEMBER/2015


 このHPの表紙に使用している写真がシカゴの“Fox River Valley Photographers”の展示会に選ばれました!

選出基準は良く分かりませんが、自分が撮影した写真がシカゴの方々に愉しんで頂けたのは嬉しいですね。


 一点苦言! 先日或るミュージシャンさんが行き付けのお店で”SSm5がノイズを出している!”と言われたそうです。根も葉もない濡れ衣発言、本当にこの手の無責任発言には困ります。

この手のこだわりショップの方々に忠告しておきますがEIAJの規格ご存知?

それと、入出力インピーダンスの測定方法も知らずにスイッチャーや電源機器を作り売るのは半ば“犯罪!”ですよ。

何よりSSm5はブースター系ですから入力された信号を増幅しております。(6dB強)

S/Nは80dBは採れていますので、他の機器からのノイズが原因か故障してますね。

 

                                                             17/OCTOBER/2015

 


  HPは定期的に更新するのが組織としての義務だという気持ちで更新をして居ります。

これを阻害するのがPCのフリーズ!!! わざわざ高価で高速の最新ノートPCを購入しましたが…。

新品不良、交換後も基本動作が不安定で直ぐに暴走! データーは消えて再起動すら出来ません。

IT企業の暴力! 無償サポートは口だけ、問い合わせ窓口の担当はアジア系の外人さんで意味不明。

血縁がこの企業に居ますが、大した仕事もせずに年収1,000万円超えです。

エンジニアとしてのプライドの無い人と利益最優先で無責任体質、酷過ぎます。      

無駄にした時間だけでも300時間! (Core i7自体にバグ有るかな?)

                   そして現在のメインPCは、ヤフオクで落札した中古の15,000円ノートPC、これ絶好調!!!

                                                                                     1/OCTOBER/2015


 たまにはギターの事も書かないと失礼でしょか?

市場では異常な高額で流通するヴィンテージギターですが、バブル以前は少し無理をすれば50年から60年に

製造されたモノは入手可能でした。

 写真は57年製レスポール、完全なオリジナルコンディションでした。(勿論、オリジナルケース付き)

当時は知識も低く、オリジナルを所有しないと良いモノは開発できないなんて思い込んで居りました。

                                                                                                                                                                                                                                                                         10/SEPTEMBER/2015



 F.B.に詳しく内容をアップしましたが、久し振りにP.U.の測定をしました。

DeMont P.U.は出力が大きくて心配していましたが、その特性は実に優秀で驚きました。

ファット過ぎてにじんだ低音のP.U.が大半ですが、このP.U.は実にタイトな低音とフラットな中域がデーターからも読み取れます。 レスポンスの良さも特筆すべき性能。


 本物志向でヴィンテージサウンド好きな方にも是非お試し頂きたいP.U.です!        10/AUGUST/2015 


 この写真、2006年に発売された超型遅れデジカメに約30年前の酷評だらけのズームレンズで撮影しました。

カメラ本体が約¥15,000、レンズは¥1,000!

”腕”とは言いませんが、個人レベルで愉しむ範囲なら特に新製品で撮影した写真と大きな遜色は無い?

他人の価値観より、自分が愉しむ事を最優先するのも悪く無いと思っています。

                                                      09/AUGUST/2015

 


 ロスと異なりシカゴは格式高い印象の街でした。

今回は地元の小学校を見学する機会を作って頂き、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました!


 それと車で移動中に野生のスカンク君の”ガス”を2度体感。

化学薬品的な臭いで驚き!!! やはり”本物”や”現物”に触れることは大切ですね。

                                                       30/JULY/2015


 ハッキリした記憶は有りませんが、恐竜は“円谷プロ”が考えた架空の生き物だと幼児期は思っていました。 ある日、目にした事典に過去に実在した生き物がモチーフだった事を知りとても驚きました。

その時から“いつか見てみたい!”と思っていた本物の”スー“を目の当たりにし、感じた事の無い感動が込み上げて来ました。

単なる化石(石)ですが“本物”の持つ魔力って凄かったです。                  10/JULY/2015


 夏至前後は、日の長さに本当に驚いてしまいます。

この時期は、ドイツで仕事をしていた頃を毎年想い出します。 

期間は短かったのですがやはり印象深い日々の連続でした。

早朝ウォーキングに出掛けたら予想通りキノコが沢山生えていました。

見つけた時は、言いようの無い歓びが込み上げて来ますから本当に不思議!           20/JUNE/2015



 ネイトさんと仕事を創め早3年経ちました。 ゼロからの製品開発は愉しいです。

ほぼ毎日メールのやり取り、やはり最大の問題は“言葉”ですね。

彼の人柄に助けられ、かなりいい加減な英文も読みこなしてくれて助かって居ります。

 

 写真は一緒に仕事を始めた頃に差し上げたGuyatoneグッヅ等ですが、シカゴのお店に展示されているそうです。

将来、彼が所有する約60本のギターは“Japanese Vintage Electric Guitars Musium”が設立された際には、

博物館に展示されることになると思います。

 

 恥ずかしながら当方の手書き図面や手作り試作品も展示予定だそうです。 

もっと、丁寧に製図しておけばよかった…。                            07/JUNE/2015


 フランクさんの出版パーティー参加のために、松本市に出掛けました。

松本城に松本市美術館を訪問し松本を満喫して参りました!

 

 しかし、様々な場所でマナーの悪い観光客の方々に遭遇、興味が無いならブランドショップに行って欲しいです。

暇さえ有ればスマホに目をやる人もN.G.かな?

それと写真は是非、きちんとしたカメラで撮影して想い出をしっかり遺してください。   19/MAY/2015                                                                    


 写真撮影が趣味ではないのですが、ウォーキング時にカメラを持って出掛ける事が多いです。

デジタルカメラの性能向上はもの凄いスピードですね。更にPCでかなりの修正(調整)が出来てしまいます。

まあ、しかし、えー、ストレートに狙った色彩で撮影出来た喜びは得られない気がします。


 メープルソープの作品を目にしてから自問自答な撮影時間を愉しいで居ります。

最近“CCD”センサーの旧式デジタルカメラを入手しました。

このカメラがストレートに狙った色彩で写真撮影が出来て大感激!!!

ヴィンテージ志向否定派ですが因みに使用したレンズは40年前のレンズです。


                                                          01/MAY/2015

 

 


  カビだらけの古いズームレンズを分解掃除しました。耐久性構造、コスト意識、ブランドのプライドが伝わって来ます!

約1時間で外装とレンズのクリーニングで完全復活。

金属とガラス素材なのでネジの紛失さえ注意すれば大丈夫、メンテ方法を習得すれば一生物です。


 デジタル一眼レフで使う際はマニュアルでピント合わせが必要ですが、問題無く使用できますよ。

モノ創りの精神やモノへの愛着って大切ですね。                       15/APRIL/2015


 いよいよ本格始動の4月と成りました。

オートワウの開発は既に手を離れていますが、部品調達や部品価格交渉等バタバタしているのも事実。


 ネットで回路図を拾い、部品を変えて、ビルダーと称する方が多過ぎます。

設計や開発って人生削って従事する仕事ですよ!


 今回からSMDを採用したのでコピー出来ません。

コピー目的で買われても無駄に成りますので予め告知しておきますね。          01/APRIL/2015