Our Friends


 Yasuhisa Soga

  

  僕がいまメインで使わせてもらっているギターはまさに幻のグヤトーンのギター。
 数年前、これからグヤトーンが動き出すという時にプロトタイプとして誕生した
 ギター。 鳥居さんがお披露目として楽屋に持って来てもらった時に一目惚れして、
 無理を言って連れて帰って来てしまい、今に至ってます。

  今はまだ使っている方が少ないので、どのライヴハウスでも必ずと言っていいほど
 スタッフの方々がギターに集まって来てはギター談義に花を咲かしてます。

  音の立ち上がりが良く、ど
んなに爆音の中でもはっきりと輪郭の見えるサウンドは
 僕の武器でもあります。 これからグヤトーンのギターがたくさん方々に使われる事を
 心から楽しみにしています。

 


Hiroki Kiribayashi

(Qactusの考案者,楽器演奏者人口を増やすためQ-sai合宿を主催)


  一線で活躍する彼らの音楽人生の中でも取り分け際立ったブランドであることを
 改めて実感しています。
 もちろん私自身もビギナーの頃からずっとお世話になってますし、
 エレキギターで仕事をする現場では必ず足元にGuyatoneがあります。
  ドラムの現場であってもタイコ叩きながらVT(トレモロ)を踏むことだってあります。
 踏むのは申し訳ないけど相当踏んでます。

  とにかく、ここからじわじわと国内外でGuyatoneの帰還を喜ぶ声が広がるの
 でしょうね。
 「日本のエレキ」復活。この日をずっと待ってました。